経営者として、担当者としてコスト削減を考えるのはとても重要ですよね。事業者として利益を出せず倒産してしまうと、ご利用者に一番迷惑をかけてしまいます。一緒に仕事をしている各地の先生方も、たくさんの方たちに医療事務を勉強することの楽しさ・奥深さ・大切さなどをお伝えするために日々知識の向上に努めています。そんな先生方も知識一辺倒ではなく、「どうしたら受講生さんが分かりやすいかな?」「受講生さんが楽しいと思う授業ってどんなかな?」などと受講生さんの目線に立ち返りながらの授業を心掛けています。百聞は一見にしかず!ぜひ『お電話で』、『説明会で』、『授業で』お会いしましょう。

 そのためにも、必要な機能があり、操作・管理がしやすく導入のコスト・経費も抑えられる介護保険請求ソフトを選びたいですね。一旦システムを組んでしまえばランニングコストが余りかから無い為使用料がかなり安いというメリットもあります。

忙しくてなかなか家を空けられない方でも、チャレンジできるのが魅力。テキストを見ながら受験できるので、きちんと理解さえしていれば丸暗記の必要もありません。 安い所では月2000円前後から使用出来るものもあります。ちなみにそれはカイポケビズで最近かなりシェアを伸ばしてきています。介護事務試験情報。そして現役介護事務の生の声や介護事務・介護関係に特化したブログやホームページのリンクなど、これから介護事務をめざす方や現役介護事務に役立つ情報を紹介する、介護事務総合情報サイトです。

介護事務講座

介護保険請求事務の学習は単純に介護給付明細書(レセプト)の作成手順を知るだけではなく、パソコン学習が必須です。
データ形式での提出が義務付けられています。つまり全国事業所での介護事務コンピュータ導入率は100%なのです。
体当たりで取り組み体感したノウハウをこれから実務の世界に入る方々に効率よく学習して頂くため、開発した商品です。
また、介護報酬の請求は原則、データ形式で行われることからもソフトを使用しての学習は必須といえます。
人材を貴社に派遣して、介護事務の業務を行います!
お客様の施設事務所、介護保険事務のレセプト業務から一般事務まで、お任せください!
介護報酬の請求は「伝送」を選択され、上記した情報から「介護伝送請求用パソコンの無償貸与」も受けて
貸与パソコンと国保連の伝送ソフトを使っておられます。
超高齢社会にあって、介護サービスの受給者も年々増加中の今、今後ますますニーズの高まる注目職なのです。
介護事務講座

請求期間(月末・月初)に事務(介護請求担当)スタッフが欠如して、請求が間に合わない事業所・施設。
介護事務のコンピュータ導入率は100%。介護報酬の請求は、原則データ形式での提出が義務付けられています。

データ提出を行うためには、介護事務コンピュータをマスターする必要があります。
全国の事業所で実際に使用されている介護事務コンピュータをもとに教育用に開発されたソフトです。
介護請求事務には非常に手間がかかり、ソフトの導入も簡単ではありません。
しかし、介護保険ソフトを上手く使うことができると作業の効率があがり、ミスを減らすこともできます。
またコストの削減にも繋がるのも事実です。
ブリリアンス+
導入時には多少の苦労を伴いますが、作業の軽減に繋がりますので、早めに導入を検討すると良いと思います。
パッケージ型介護ソフトのようなレセプト作成後の作業は必要ありません。
また、支払決定通知書や返戻通知なども国保連合会からデータで送信され、介護ソフト内で閲覧や印刷が可能となります。